正田 英三郎(読み)ショウダ ヒデサブロウ

20世紀日本人名事典の解説

正田 英三郎
ショウダ ヒデサブロウ

昭和・平成期の実業家 日清製粉名誉会長相談役。 皇后美智子の父。



生年
明治36(1903)年9月21日

没年
平成11(1999)年6月18日

出生地
群馬県館林市

学歴〔年〕
東京商科大学卒

主な受賞名〔年〕
藍綬褒章〔昭和41年〕

経歴
父は日清製粉創業者・正田貞一郎。商社勤務を経て、昭和4年日清製粉に入社。10年取締役、11年常務、15年専務、20年社長、48年会長を歴任し、56年名誉会長となる。国民の体位向上への粉食の普及を提唱し、吉田茂内閣の食糧対策協議会委員などを務めた。48年会長。一方、34年長女の美智子さまが明仁皇太子と御結婚、皇太子妃となられ、民間から初めて天皇家に娘を嫁がせるという例のない経験をした。

出典 日外アソシエーツ「20世紀日本人名事典」(2004年刊)20世紀日本人名事典について 情報

367日誕生日大事典の解説

正田 英三郎 (しょうだ ひでさぶろう)

生年月日:1903年9月21日
昭和時代;平成時代の実業家。日清製粉社長
1999年没

出典 日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」367日誕生日大事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

一代年寄

相撲界に大きな功績を残した力士に認められる年寄のことで,理事会が決定する。日本相撲協会にある 105の年寄名跡のほかに,力士名がそのまま年寄名とされる。資格は本人1代かぎりで,定年または廃業すれば自然...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android