皇后美智子(読み)こうごう みちこ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

皇后美智子 こうごう-みちこ

1934- 天皇明仁(あきひと)の皇后。
昭和9年10月20日生まれ。正田英三郎の長女。昭和32年夏,軽井沢のテニスコートで明仁皇太子とであい,34年結婚。民間人初の皇太子妃の誕生でミッチーブームがおこった。2男1女の母親として,皇室の伝統をやぶって自分の手元でそだてる。64年皇后。日本赤十字社名誉総裁。東京出身。聖心女子大卒。
【格言など】癒(い)えし日を新生(しんせい)となし生くる友に時よ穏(おだ)しく流れゆけかし(平成12年歌会始め)

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

今日のキーワード

多文化主義

マルチ・カルチュラリズムともいう。さまざまな人種,民族,階層がそれぞれの独自性を保ちながら,他者のそれも積極的に容認し共存していこうという考え方,立場。「人種のるつぼ」的な同化主義に対抗する考え方で,...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

皇后美智子の関連情報