コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

正田貞一郎 しょうだ ていいちろう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

正田貞一郎 しょうだ-ていいちろう

1870-1961 明治-昭和時代の実業家。
明治3年2月28日生まれ。皇后美智子の祖父。群馬県館林(たてばやし)で家業の醤油(しょうゆ)醸造業に従事したのち,明治33年館林製粉を創立。40年日清(にっしん)製粉と合併,専務,社長,会長を歴任。東武鉄道の会長もつとめた。昭和36年11月9日死去。91歳。相模(さがみ)(神奈川県)出身。高等商業(現一橋大)卒。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

世界大百科事典内の正田貞一郎の言及

【日清製粉[株]】より

…製粉業界のトップ。1900年機械製粉を目的として,群馬県館林町(現,館林市)に正田貞一郎により館林製粉(株)として設立された。07年横浜に設立され工場を建設しつつあった日清製粉を同年合併して,社名を日清製粉(株)とし,本社を東京に移転した。…

※「正田貞一郎」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

正田貞一郎の関連キーワード日清製粉グループ本社[株]日清製粉[株]日清製粉(株)正田 英三郎正田建次郎正田英三郎昭和時代実業家

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android