コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

水田正秀 みずた まさひで

2件 の用語解説(水田正秀の意味・用語解説を検索)

美術人名辞典の解説

水田正秀

江戸中期の俳人。近江生。一説に俳人菅沼曲翠の伯父。通称は孫右衛門・利右衛門。号に竹青堂・節青堂・清庵等。和歌を竹内惟庸に、俳諧は初め江左尚白に、のち芭蕉に学ぶ。湖南蕉門の一員として活躍し、義仲寺の無名庵を建てるなど師芭蕉によく尽した。のち松本に住し、医を業とした。編著に『白馬集』『栗雀』等。享保8年(1723)歿、67才。

出典|(株)思文閣
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

水田正秀 みずた-まさひで

1657-1723 江戸時代前期-中期の俳人。
明暦3年生まれ。近江(おうみ)(滋賀県)膳所(ぜぜ)の人。藩士または町人であったといわれ,後年は医業についた。江左尚白(こうさ-しょうはく)にまなび,のち松尾芭蕉に入門。「ひさご」連衆のひとりで,無名庵建設に尽力した。追善集に「水の友」。享保(きょうほう)8年8月3日死去。67歳。通称は孫右衛門。別号に竹青堂。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

水田正秀の関連キーワード小川俊政狩野梅雲酒井忠予三鍼柴村盛之多賀左近高林利之仲上法策村田久辰山下煕庵

今日のキーワード

信長協奏曲(コンツェルト)

石井あゆみによる漫画作品。戦国時代にタイムスリップした現代の高校生が病弱な織田信長の身代わりとして生きていく姿を描く。『ゲッサン』2009年第1号から連載開始。小学館ゲッサン少年サンデーコミックス既刊...

続きを読む

コトバンク for iPhone

水田正秀の関連情報