水田正秀(読み)みずた まさひで

美術人名辞典の解説

水田正秀

江戸中期の俳人。近江生。一説に俳人菅沼曲翠の伯父。通称は孫右衛門・利右衛門。号に竹青堂・節青堂・清庵等。和歌を竹内惟庸に、俳諧は初め江左尚白に、のち芭蕉に学ぶ。湖南蕉門の一員として活躍し、義仲寺無名庵を建てるなど師芭蕉によく尽した。のち松本に住し、医を業とした。編著に『白馬集』『栗雀』等。享保8年(1723)歿、67才。

出典 (株)思文閣美術人名辞典について 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

水田正秀 みずた-まさひで

1657-1723 江戸時代前期-中期の俳人。
明暦3年生まれ。近江(おうみ)(滋賀県)膳所(ぜぜ)の人。藩士または町人であったといわれ,後年は医業についた。江左尚白(こうさ-しょうはく)にまなび,のち松尾芭蕉に入門。「ひさご連衆のひとりで,無名庵建設に尽力した。追善集に「水の友」。享保(きょうほう)8年8月3日死去。67歳。通称は孫右衛門。別号に竹青堂。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

余震

初めの大きい地震に引き続いて,その震源周辺に起こる規模の小さい地震の総称。大きい地震ほど余震の回数が多く,余震の起こる地域も広い。余震域の長径の長さは,地震断層の長さにほぼ対応している。マグニチュード...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android