コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

正積方位図法 せいせきほういずほう

2件 の用語解説(正積方位図法の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

正積方位図法
せいせきほういずほう

ランベルト図法」のページをご覧ください。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

正積方位図法
せいせきほういずほう
azimuthal equal-area projection

地図投影の一種。地球上と地図上の面積が等しく、かつ地図の中心(地図主点)からの方位が正しくなるように考えられた図法。正積の性質をもつ方位図法。考案者ランベルトJohann Heinrich Lambert(1728―77)の名前を冠して、ランベルト正積方位図法ともいう。地図帳の地域図または統計地図に用いられる。また地質構造の解析などに用いる「シュミットネット」は、正軸の正積方位図法による半球図の経緯線網を応用したグラフである。[金澤 敬]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

今日のキーワード

アレルギー

語源はギリシャ語。「変わった(変えられた)働き」です。関係しているのは、人間の免疫システム。免疫は本来、人の体を守る仕組みですが、ときに過剰反応し、不快な症状を引き起こすことがあります。それがアレルギ...

続きを読む

コトバンク for iPhone