正積図法(読み)せいせきずほう(英語表記)equal-area projection

  • authalic projections
  • equal-area projections
  • せいせきずほう ‥ヅハフ
  • せいせきずほう〔ヅハフ〕

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

等積図法ともいい,地球上の面積と対応する地図上の面積との比 (すなわち面積縮尺) がどこでもどんな広さでも同じに表わされている地図投影法。地図上の任意の地点で特定の2方向の長さが正しく表わされる。この方向の包絡線を等長線という。方位図法では (ランベルト) 正積方位図法,擬方位図法ではハンメル図法円錐図法ではランベルト正積円錐図法 (正積接円錐図法) ,アルベルス図法 (正積割円錐図法) ,擬円錐図法ではボンヌ図法,円筒図法ではランベルト正積円筒図法 (正積接円筒図法) ,ベールマン図法 (正積割円筒図法) ,擬円筒図法ではサンソン図法モルワイデ図法エケルト図法,ハンメル図法などがある。グード図法は擬円筒図法から導かれた断裂図法である。いずれも小縮尺の世界図または大陸図に多く用いられている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

等積図法とも。地図投影法において地球上の微小面積と地図上これに相応する小面積とが一定の比例関係にあるようにした図法。面積は正しく表現されているが,長さや角の歪曲(わいきょく)が生ずる。ボンヌ図法はこの例。
→関連項目サンソン図法

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

地図投影で、正積の性質をもつ図法の総称。正積の性質とは、地球上の面積の比率が地図上で正しく表されることである。この場合は、地図上のすべての点で、距離が正しく表される正距となる方向が二つかならず存在し、その方向の包絡線を等長線という。正距図法とは両立するが、正角図法とは両立しない。この図法の代表的な例として正積方位図法、モルワイデ図法などがあげられる。正積図法は広さの比較が重視される地方図または統計地図などに用いられる。

[金澤 敬]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

〘名〙 図上の各部分の面積の割合が、地球上でそれぞれ相当する部分の面積の割合と比較的等しくなるような図法。ボンヌ図法、サンソン=フラムスチード図法、モルワイデ図法、ランベルト図法などがある。等積図法。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内の正積図法の言及

【地図】より

…これらの図法は,さらに投影の視点によって,地球の中心に視点をおく心射図法,反対側の地球上の一点に視点をおく平射図法,無限遠に視点をおく正射図法などと区分される。また,面積,角度,距離のいずれかの条件を正しく表示するため,古来,数々の投影法がくふうされており,それぞれ正積図法,正角図法,正距図法などと呼ばれている。またその図法を考案した人の名前を冠して,たとえばランベルト(ランバート)正角円錐図法,メルカトル図法(正角円筒図法)などと呼ぶことも多い。…

※「正積図法」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

ロジ担

《「ロジ」は「ロジスティクス」の略。「後方支援担当」の意》日本の外務省で、国際会議などの舞台裏の庶務担当者をいう。政府首脳の外国訪問の際の宿舎、乗り物の手配なども担当する。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android