コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

正親町三条実愛 おおぎまちさんじょう さねなる

3件 の用語解説(正親町三条実愛の意味・用語解説を検索)

美術人名辞典の解説

正親町三条実愛

元勲。正親町三条実義の子。権中納言権大納言となる。維新後に内国事務総督となり、刑部卿となる。のち嵯峨氏と称した。彼の日記『嵯峨実愛日記』は維新史の重要な文献とされた。明治42年(1909)歿、90才。

出典|(株)思文閣
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

正親町三条実愛 おおぎまちさんじょう-さねなる

1821*-1909 幕末-明治時代の公卿(くぎょう)。
文政3年12月5日生まれ。権(ごんの)大納言となり議奏,国事御用掛を歴任。慶応2年辞任。翌年議奏に復し,討幕の密勅鹿児島,萩(はぎ)両藩にわたす。4年内国事務総督,明治2年刑部卿となる。のち嵯峨(さが)と改姓。明治42年10月20日死去。90歳。日記に「嵯峨実愛日記」。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

正親町三条実愛

没年:明治42.10.20(1909)
生年:文政3.12.5(1821.1.8)
幕末の公家,宮中政治家。父は実義。老中堀田正睦が条約勅許を求めて上洛中の安政5(1858)年3月,これに反対して88廷臣の列参奏上に参画,翌年10日間の慎の処分を受ける。桜田門外の変ののち40歳の万延1(1860)年6月,議奏に任命され朝議決定の構成員となった。皇妹和宮と将軍徳川家茂の婚儀にかかわり,長井雅楽を中心とする長州藩,次いで島津久光・薩摩藩の公武合体運動を支持。尊王攘夷派の志士と攘夷派の廷臣の攻撃にさらされ,文久3(1863)年1月辞職。8月18日の政変ののち,同年12月復職。以来,島津久光,松平慶永の支援を受けながら近衛忠房,晃親王と提携して,二条斉敬,朝彦親王ら親幕派朝廷首脳部に対抗した。朝廷首脳部の更迭を求めた中御門経之ら22廷臣の列参奏上を支持し,慶応2(1866)年10月議奏を罷免され遠慮・閉門の処分を受けた。翌年3月孝明天皇の死に伴う大赦によって処分解除,5月復職。岩倉具視,中山忠能,中御門経之と共に王政復古を画策,10月14日討幕の密勅を大久保利通,広沢真臣の薩長両藩士に手渡した。王政復古の政変で三職制が新設されると議定に就任。以来,内国事務総督,輔弼,刑法官知事,刑部卿を歴任。明治2(1869)年9月,王政復古の功により賞典禄1000石を永世下賜された。同3年12月,姓を嵯峨と改めた。同4年7月麝香間祗候,90歳で没した。<参考文献>『嵯峨実愛日記』

(井上勲)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

正親町三条実愛の関連キーワード中山忠能大原重徳三条実万滋野井実在正親町三条実義実義老中格青公家職業政治家生公家

今日のキーワード

大統領補佐官

各種政策の立案その他に関し,側近として大統領に助言する役職だが,実質上はブレーン,顧問として多面的な役割を担う。憲法で定められた唯一の行政責任者である合衆国大統領は,強大な権力を持つにもかかわらず,議...

続きを読む

コトバンク for iPhone