武備志(読み)ぶびし(英語表記)Wǔ bèi zhì

世界大百科事典 第2版の解説

ぶびし【武備志 Wǔ bèi zhì】

中国,明代の兵書。茅元儀著。240巻。1621年(天啓1)に成る。著者は少時より兵家の学を好み,2000余種の書物を資料として歴代の戦術を詳述した。ことに明代の形勢を述べた部分は最も史料価値が高く,明代史研究の重要文献である。なお書中には戦陣図や地図をも収録しているが,中でも〈鄭和航海図〉は南海史研究の重要史料となっている。天啓刊本のほかに,1664年(寛文4)刊の和刻本がある。【谷 光隆】

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

出入国在留管理庁

政府が2019年4月に発足を予定している法務省の外局。18年12月の出入国管理法改正案成立に伴う外国人労働者の受け入れ拡大に対応するため、同省の内部部局である入国管理局を再編・格上げし、新設することが...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android