武内 了温(読み)タケウチ リョウオン

20世紀日本人名事典の解説

武内 了温
タケウチ リョウオン

大正・昭和期の宗教家,社会運動家 真宗大谷派宗務顧問;真身会会長;光明会会長。



生年
明治24(1891)年12月20日

没年
昭和43(1968)年1月15日

出生地
兵庫県揖西郡布施村(現・龍野市)

学歴〔年〕
京都帝国大学哲学科〔大正5年〕卒

経歴
真宗大谷派・松林寺の長男として生まれる。大正7年滋賀県社会改良主任を経て、9年大谷派の社務所に入り、10年新設の社会科主事に就任。15年融和事業団体真身会を設立して部落差別問題に取り組み、昭和4年会長。一方、6年にはハンセン病患者救済運動団体・光明会を設立、会長として精力的な活動を行う。21年全国部落代表者会議発起人会議長。22年宗務顧問となり、大谷派の部落解放運動に大きな影響を与えた。

出典 日外アソシエーツ「20世紀日本人名事典」(2004年刊)20世紀日本人名事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

特定非常災害

著しく異常かつ激甚な非常災害。死者・行方不明者・負傷者・避難者などの罹災者(りさいしゃ)および住宅の倒壊などの被害が多数発生し、交通やライフラインが広範囲にわたって途絶し、これによって地域全体の日常生...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android