コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

部落解放運動 ぶらくかいほううんどう

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

部落解放運動
ぶらくかいほううんどう

被差別部落の人々が受けている政治的,経済的,社会的,文化的差別を撤廃し,近代的な市民的権利を獲得するとともに,部落を完全解放するための運動。歴史的には,幕藩体制の身分制度のもとで「穢多」「非人」という最下層身分に固定化された人々が,著しい非人間的差別を受けたことに発する。明治以後,形式的な身分制の撤廃はあったものの,現実には部落民に対する居住,職業,結婚など実生活上の社会的差別が行われていた。こうした差別に対する部落民の自主的な解放へのたたかいは,明治末期から全国的に進められ,1922年には全国水平社が結成された。 33年高松地方裁判所の差別判決 (部落民に対する結婚差別) の判決取消闘争では,生活権奪還,身分差別撤廃を掲げ,政府に対する差別糾弾を行い,運動を大きく前進させた。日中戦争の開始から第2次世界大戦終結までは運動の高揚をみるにいたらなかったが,戦後,水平社運動の成果を継承して 46年に部落解放全国委員会が発足,政治的,経済的身分差別の撤廃を目標として闘われるようになった。 55年部落解放同盟と改称,各種革新団体との共闘を実現し,69年には同和対策事業特別措置法の制定を実現させた。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

ぶらくかいほう‐うんどう〔ブラクカイハウ‐〕【部落解放運動】

被差別部落の人々に対する社会的差別を撤廃することを目的とする社会運動。大正11年(1922)創立水平社を中心として展開されてきた。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

部落解放運動【ぶらくかいほううんどう】

部落差別からの解放をめざす社会運動。1871年の〈太政官布告(解放令)〉によって江戸時代の賤民身分はえた非人の呼称とともに法的・制度的には廃止されたが,その後も賤民身分であった人々とその集住地域に対する社会的賤視は解消されず,新平民と蔑称(べっしょう)されて差別状態は続いた。
→関連項目西光万吉識字運動賤民同和問題被差別部落

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ぶらくかいほううんどう【部落解放運動】

被差別部落(同和地区)およびその出身者に対する差別の撤廃(部落問題の解決)すなわち被差別部落の完全解放をめざす自主的・大衆的な社会運動。その本格的な展開は1922年(大正11)に全国水平社(水平社)が創立されてからであるが,それ以前にも部落差別の解消・撤廃を求める動きはあった。解放運動の歩みと密接な関係をもつ被差別部落の全体的な歴史については〈被差別部落〉の項目を参照されたい。ここでは,おもに近代以降における部落解放運動の歴史を述べる。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

ぶらくかいほううんどう【部落解放運動】

被差別部落出身者に対する社会的差別の解消を目指す社会運動。1922年(大正11)水平社の結成により全国的な運動に発展。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

部落解放運動
ぶらくかいほううんどう

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の部落解放運動の言及

【識字運動】より

…前述のように,その絶対数を低下させるのは容易ではないが,この運動は人々に人間的権利の自覚や民主的社会関係創造への積極的参加を促す働きかけとして注目されている。 日本では学校教育の整備により非識字率を引き下げた裏側で,社会的差別の下,貧困な生活を強いられた被差別部落の人々の識字教育は放置されてきたが,部落解放運動は現実的差別の撤廃と人間的権利の自覚に立ち,1960年代以降,差別・貧困をもたらす社会構造の変革に結びつく識字運動を生みだした(〈被差別部落〉の項目の[教育条件の改善]を参照)。それは差別を見ぬく眼,科学的思考を育て,連帯のたいせつさを理解させようとするものであり,公教育における同和教育にも影響をあたえた。…

【水平社】より

…被差別部落の人々が,差別と貧困からの解放を求めて,1922年に結成した自主的・大衆的な部落解放運動の団体。正式には全国水平社という。…

【被差別部落】より

…しかし,これらの呼称はまだ必ずしも全国的に普及しきっているとはいいがたく,ことに,被差別部落に対する差別の撤廃のための啓発活動が行政,教育などの面で積極的に推進されていない地方では,伝統的に受け継がれてきた独特の差別呼称が,こんにちもなお日常生活の陰陽両面で用いられているのが実情である。また,集落,村落,在所などと同義の語として〈部落〉の語を適用している地方が多いので,場合によっては誤解をまねきやすいが,被差別部落を略して〈部落〉とも称し,被差別部落に対する差別を〈部落差別〉,被差別部落にかかわる社会問題を〈部落問題〉,部落差別からの完全な解放をめざす社会運動を〈部落解放運動〉という。
【被差別部落の成立】
 被差別部落の沿革が,個々の被差別部落にそくして明らかになることは,部落差別の根源を客観的に照らしだし,差別の不当性をいっそう明確にしていくためにも望ましいが,なにぶんにも,ほとんどの被差別部落については伝来の文献史料が過少で,とくにその成立事情については口碑のほかに頼るべきものがない場合が圧倒的に多い。…

※「部落解放運動」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

部落解放運動の関連キーワード全国部落解放運動連合会被差別部落解放運動三木 静次郎木村 京太郎朝田 善之助上杉 佐一郎阪本 清一郎山本 利平上田 音市桝井 寛一桜田規矩三村崎 義正栗須 七郎上杉佐一郎松本 兼松加藤 弘造松田 喜一北原 泰作三木 一平藤岡 祥三

今日のキーワード

奨学金破産

学生が国の奨学金制度を利用したものの、返済の目途が立たずに自己破産すること。国内の自己破産の総件数は2003年をピークに減少傾向にあるが、このうち奨学金関連の破産は3000人前後の状況が続いており、1...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

部落解放運動の関連情報