コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

武器と武具 ぶきとぶぐarms and armour

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

武器と武具
ぶきとぶぐ
arms and armour

武器は刀剣,槍,弓矢,鉄砲類など直接の加害力を有する道具,兵器武具甲冑など戦いに必要な装備一般をさす。その発達過程で地域的,時代的な本質的差異はみられないが,武器または武具が常にその地域,その時代最高の技術と財力とを動員する性質のものであるため,工芸史上からも重要である。中国の殷・周時代の青銅製武器,ヨーロッパ中世の騎士あるいは日本の鎌倉時代の武士の甲冑,刀剣などはその代表的な例としてあげられる。日本では,戦陣に用いる兵器を総称して古くは「都波毛能 (つわもの) 」といい,のちに武器,武具,軍器,兵具 (つわものぐ) とも称した。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

武器と武具の関連情報