コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

武松 ぶしょう

大辞林 第三版の解説

ぶしょう【武松】

「水滸伝」に登場する英雄の一人。虎をなぐり殺して名を広める。のち、兄を毒殺した兄嫁で淫婦の潘金蓮はんきんれんと姦夫西門慶を殺して梁山泊に入り、最後は出家する。「金瓶梅」の副主人公としても登場。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ぶしょう【武松 Wǔ Sōng】

中国の小説《水滸伝》の108人の頭目の一人。あだ名は行者。清河県(河北省)出身とされ,景陽岡で人食い虎を素手で打ち殺して名をあげる。のち兄を毒殺した嫂の潘金蓮とその情夫西門慶(せいもんけい)を殺したため罪を問われ,梁山泊に入り,最後は杭州の六和寺で出家,80歳で没する。明代の小説《金瓶梅(きんぺいばい)》は,彼が潘金蓮,西門慶を殺した話をもとに敷衍(ふえん)したものである。また揚州や杭州の評話(講談の一種)には,彼を主人公としたものがあり,広く民衆に親しまれている。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

武松の関連キーワード木村 庄之助(24代目)『水滸伝』の登場人物岡田の法則(気象学)木村庄之助(24代)高砂浦五郎(初代)日本科学史(年表)三遊亭金馬(4代)ポルスブルック阿武松緑之助阿武松 広生小野川喜三郎堀口 由己ベルクール『水滸伝』落語の演題稲妻雷五郎8月17日6月27日航空気象小柳常吉

今日のキーワード

熱にうなされる(間違いやすいことば)

○熱に浮かされる 高熱でうわ言をいう意味の表現は、「熱に浮かされる」が正しい。また、物事の判断がつかなくなるほど熱中することも意味する。音が似ていることから混用され、「浮かされる」が「うなされる」に入...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

武松の関連情報