コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

武田有義 たけだ ありよし

2件 の用語解説(武田有義の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

武田有義 たけだ-ありよし

?-1200? 平安後期-鎌倉時代の武将。
武田信義の子。甲斐(かい)(山梨県)の豪族。平重盛につかえたが,治承(じしょう)4年(1180)源頼朝の挙兵に父,兄弟とともにくわわった。正治(しょうじ)2年梶原景時の乱で次期将軍にたてられたが,景時の敗戦ののち行方不明となった。一説に同年8月25日死去。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

武田有義

没年:正治2(1200)
生年:生年不詳
鎌倉初期の武将。甲斐国(山梨県)の住人。甲斐源氏信義の子。初め在京して平家に仕え,左兵衛尉に任官するが,治承4(1180)年父に従い一族と共に反平家の兵を挙げる。源頼朝軍に合流してからは,源範頼の麾下西国を転戦した。弓馬の道に優れるが,文治4(1188)年には,御剣役を辞して頼朝の怒りを買ったという。頼朝の死後,有力御家人らと対立し幕府に反旗を翻した梶原景時と通謀,景時により次期将軍に擬せられるが,正治2(1200)年景時の滅亡と相前後して甲斐国の居館より逃亡した。

(三田武繁)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

武田有義の関連キーワード安田義定大菩薩岳赤岡重樹一条忠頼駒井信盛武田信長(1)武田信春武田信光武田信満武田信義

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone