コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

武石浩玻 たけいし こうは

1件 の用語解説(武石浩玻の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

武石浩玻 たけいし-こうは

1884-1913 明治-大正時代の飛行家。
明治17年10月20日生まれ。外国航路ボーイをつとめ,アメリカで飛行技術をまなぶ。大正2年大阪朝日新聞社主催の大阪-京都連絡飛行に参加したが,5月4日京都で着陸に失敗して死亡した。30歳。日本の民間飛行家として最初の犠牲者。茨城県出身。初名は道之介。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

武石浩玻の関連キーワードデトリング光の科学史徳川文庫坪井正五郎イタリア映画森鴎外(年譜)バルカン戦争井上馨キンダー佐竹義尭

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

武石浩玻の関連情報