コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

武石浩玻 たけいし こうは

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

武石浩玻 たけいし-こうは

1884-1913 明治-大正時代の飛行家。
明治17年10月20日生まれ。外国航路のボーイをつとめ,アメリカで飛行技術をまなぶ。大正2年大阪朝日新聞社主催の大阪-京都連絡飛行に参加したが,5月4日京都で着陸に失敗して死亡した。30歳。日本の民間飛行家として最初の犠牲者。茨城県出身。初名は道之介。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

武石浩玻の関連キーワード大正時代明治

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android