武藤常介(読み)むとう つねすけ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

武藤常介 むとう-つねすけ

1890-1963 大正-昭和時代の政治家。
明治23年3月21日生まれ。教員などをへて,昭和7年生地茨城県太田町の町長。8年久慈川改修期成同盟会長となり,治水につくす。戦後,21年衆議院議員(当選1回),28年参議院議員(当選2回)。昭和38年8月6日死去。73歳。54年常陸太田(ひたちおおた)名誉市民。茨城師範卒。旧姓黒羽

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

今日のキーワード

大学入試センター試験

国立大学の共通第1次学力試験制度は、1979年度に導入された。入学試験を第1次と第2次とに分け、第1次試験は大学入試センターが共通学力試験を実施。第2次試験は各大学がきめ細かな入学者選抜を行うことを目...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android