労働問題(読み)ろうどうもんだい

  • ろうどうもんだい ラウドウ‥
  • ろうどうもんだい〔ラウドウ〕

精選版 日本国語大辞典の解説

〘名〙 労働者と資本家との間に起こる労働条件の改善、労働者の生活向上などに関する社会問題。
※朝野新聞‐明治二三年(1890)七月二日「彼の忌むべき労働問題(ラウドウモンダイ)を招徠するの恐あり」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内の労働問題の言及

【労使関係】より

…その意味で,労使関係も労使関係論もともに,まだ内容の流動的な,あいまいさを残した概念である。それにもかかわらず,第2次大戦前に普及していた〈労働問題〉や〈労資関係〉の用語に代わって,〈労使関係〉の用語が国際的規模で普及し,労使関係論という学問分野が急速に発展してきたことには,それなりの社会・経済的背景が指摘される。
[労使関係論発展の背景]
 その第1は,労働者階級の地位の向上と産業民主主義の発展である。…

※「労働問題」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

ノーブレスオブリージュ

《「ノブレスオブリージュ」とも》身分の高い者はそれに応じて果たさねばならぬ社会的責任と義務があるという、欧米社会における基本的な道徳観。もとはフランスのことわざで「貴族たるもの、身分にふさわしい振る舞...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

労働問題の関連情報