コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

武部敏行 たけべ としゆき

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

武部敏行 たけべ-としゆき

1811-1887 江戸後期-明治時代の農政家。
文化8年閏(うるう)2月14日生まれ。越中富山藩の儒官大野拙斎にまなび,礪波(となみ)郡の十村役(とむらやく)となる。弘化(こうか)3年退任後は村民の教育にあたり,かたわら「農政記聞」などをあらわした。明治20年5月31日死去。77歳。越中出身。字(あざな)は子訥。通称は与一郎。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

武部敏行の関連キーワード4月6日明治時代

今日のキーワード

大義

1 人として守るべき道義。国家・君主への忠義、親への孝行など。「大義に殉じる」2 重要な意義。大切な事柄。「自由平等の大義を説く」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android