コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

古史伝 こしでん

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

古史伝
こしでん

平田篤胤がみずから集めた『古史成文』 (1811) の注釈書。 37巻。文化8 (1811) 年に着手,篤胤の死後,この事業はさらに子孫,門弟に受継がれ,出版し終ったのは 1887年で,神代史に対する体系的な解説,私見を披瀝した研究書である。『平田篤胤全集』所収。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

こしでん【古史伝】

江戸後期の史論書。37巻。平田篤胤(ひらたあつたね)著。文政8年(1825)成立。自著の神代史「古史成文」に注釈を加え、著者の神道思想を詳しく述べたもの。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

こしでん【古史伝】

平田篤胤(あつたね)の国学書。1812年(文化9)ごろ初稿が成ったが,生前未完,死後門人の手で完成された。全37巻。本居宣長の《古事記伝》にならって,みずから正史として撰した《古史成文》に下した注釈書である。篤胤は宣長のように本文批判には忠実でなく,《古史成文》は《古事記》《日本書紀》などの本文を任意に取捨選択したテキストであり,本書の注釈態度にもきわめて独断的な傾向がある。古史徴【野口 武彦】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

こしでん【古史伝】

平田篤胤著。三七巻。1825年成立。神代の古伝説を整理・編纂した自著「古史成文」の注釈書で、著者の神道思想を述べたもの。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

古史伝
こしでん

平田篤胤(あつたね)の著書。37巻。1811年(文化8)に書き始められたが生存中には28巻まで。あとは矢野玄道がまとめた。本居宣長(もとおりのりなが)の『古事記伝』を模するが、神代(じんだい)に限られ、篤胤が神話、伝説などを用いて自作した本文に注をつける形式による。内容は『霊(たま)の真柱(みはしら)』の主張を推し進めたものであるが、注目すべきは『霊の真柱』では大国主(おおくにぬし)神による幽政は天皇の顕政に従属するとされていたのが、本書では、此世(このよ)は「寓世(かりのよ)」で、「幽世(かくりよ)」こそが「本世(もとつよ)」であると変わっていることである。そこには篤胤自身が示唆するごとく、天主教書の影響がみられるとの説が有力である。[田原嗣郎]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

古史伝の関連キーワード国学(学問、学派)慶世村 恒仁慶世村恒任渡辺重春岩崎長世北原稲雄上木

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android