歩合給(読み)ブアイキュウ

  • ぶあいきゅう ブあひキフ
  • ぶあいきゅう〔ブあひキフ〕

精選版 日本国語大辞典の解説

〘名〙 仕事の成績に比例して支払われる給料。歩合。
※黒の燃焼室(1965)〈梶山季之〉二「歩合給は水揚げの四割五分になるのだから」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内の歩合給の言及

【能率給】より

…賃金支払形態の主役が時間賃金系統へと移っていくのもそのためである。 日本における能率給の実例としては,月給保障付単純出来高給が多く,タクシー労働者の〈歩合給〉(賃金総額の3~4割を占める)はその典型である。鉄鋼業にみられる団体業績給は所定内賃金の約1割を占めているが,それは基準年次の生産労働者数に対し,現在人員が何%削減されているかを調べ,削減された賃金の何割かを労働者に還元するという〈人減らし〉能率給である。…

※「歩合給」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

特任教授

大学・研究機関で特定有期雇用教員について、便宜上「教授」などの名を付したもの。外部研究資金によるプロジェクト等により、講座を開いたり学生の指導をしたりなど、特別の必要があるとき、期間を限って教員を特別...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

歩合給の関連情報