コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

歴史の道整備事業 れきしのみちせいびじぎょう

1件 の用語解説(歴史の道整備事業の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

歴史の道整備事業
れきしのみちせいびじぎょう

歴史的な町並みを有する地区における街路整備事業で,建設省 (現国土交通省) が 1982年から進めている。歴史的環境を保全し,かつそこを生活の拠点としている人々の活動を共存させていくため,歴史的町並み地区を迂回 (うかい) する幹線道路を整備する一方,地区内の道路に歴史的・伝統的なデザインを取り入れるなどの修景を行ない,体系的な街路網の再編・整備を行なうことを目的としている。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

歴史の道整備事業の関連キーワード有松町並み・町並アニック伝統的建造物群保存地区DID旧市区町村伝統的町並み・建築物重要伝統的建造物群保存地区重要伝統的建造物群保存地区制度古都における歴史的風土の保存に関する特別措置法《精神科学における歴史的世界の構成》

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone