歴史的かなづかい(読み)れきしてきかなづかい

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

歴史的かなづかい
れきしてきかなづかい

「旧かなづかい」「古典的かなづかい」ともいう。かなづかいの一種。いろは 47文字の枠組みで,平安時代中期以前の各語のかなの使い方に基づいて定めたものをいう。広い意味では,定家,行阿による定家仮名遣 (ていかかなづかい) も含めることもあるが,通例は,契沖の『和字正濫鈔』に始り,楫取魚彦 (かとりなひこ) ,本居宣長らによって改訂されたものをさす。このかなづかいは,明治政府によって採用され,1946年に現代かなづかいが公布されるまで,正書法としての役割を果してきた。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

ゲーム障害

オンラインゲームなどへの過度な依存により日常生活に支障をきたす疾病。インターネットやスマートフォンの普及でオンラインゲームなどに過度に依存する問題が世界各地で指摘されていることを受け、世界保健機関(W...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android