コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

定家仮名遣 ていかかなづかい

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

定家仮名遣
ていかかなづかい

行阿 (ぎょうあ) の『仮名文字遣』 (1363以降と推定) に示されたかなづかいをいう。これは,元来藤原定家が『下官集 (げかんしゅう) 』で定め用いたかなづかいを基に,行阿が増補したもので,行阿仮名遣ともいわれる。定家は古典の実例に基づくことを原則としたが,「を」と「お」については,アクセントの高低によって「高」は「を」,「低」は「お」と書き分けたと推定されている (例:桶〈おけ〉,手桶〈てをけ〉) 。行阿は,この書き分けの規則にのっとりながら,新たに除外例などをあげた。このことから,南北朝時代にアクセント変化の生じたことを示す資料ともなっている。このかなづかいは,歌人定家の権威に支えられて歌人を中心に通用した。のちに契沖により,平安時代中期以前のかなづかいからの逸脱が指摘され,国学者を中心に契沖の歴史的かなづかいが広まったが,なお一部の人は定家仮名遣を信奉した。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

定家仮名遣の関連キーワード和字古今通例全書歴史的仮名遣い和字正濫鈔仮名遣い万葉集成俊

今日のキーワード

へうげもの

日本のテレビアニメ。放映はNHK(2011年4月~2012年1月)。原作:山田芳裕による漫画作品。制作:ビィートレイン。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android