コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

契沖 けいちゅう

デジタル大辞泉の解説

けいちゅう【契沖】

[1640~1701]江戸前期の国学者・歌人摂津の人。俗姓、下川。高野山で修行して阿闍梨(あじゃり)位を得る。晩年は大坂高津の円珠庵に隠棲下河辺長流の業を継いで「万葉代匠記」を完成、国学発展の基礎を築いた。他に「古今余材抄」「勢語臆断」「和字正濫鈔」「漫吟集」など。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

契沖【けいちゅう】

江戸前期の真言宗僧,国学者,歌人。俗姓下川氏。摂津尼崎に生まれ,11歳で出家。23歳で大坂の曼陀羅院の住職となり,このころ下河辺長流と知った。27歳ころ高野山に入り,やがて和泉の伏屋氏のもとで内外の諸書を渉猟,国学の基礎を築いた。
→関連項目仮名遣い国語学悉曇学定家仮名遣い本居宣長歴史的仮名遣い

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

契沖 けいちゅう

1640-1701 江戸時代前期の国学者。
寛永17年生まれ。真言宗の僧。延宝6年大坂今里の妙法寺住職,晩年は大坂高津の円珠庵に隠棲(いんせい)した。下河辺長流(しもこうべ-ちょうりゅう)の影響で古典を研究。徳川光圀(みつくに)の依頼で「万葉集」を注釈し,「万葉代匠記」をあらわす。また「和字正濫鈔(しょうらんしょう)」などで歴史的仮名遣いを提唱。実証的古典研究の方法を確立,国学興隆の基礎をきずいた。元禄(げんろく)14年1月25日死去。62歳。摂津尼崎(兵庫県)出身。俗姓は下川。字(あざな)は空心。歌集に「漫吟(まんぎん)集」。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

けいちゅう【契沖】

1640‐1701(寛永17‐元禄14)
江戸時代の古典学者。俗姓下川氏。契沖は法号。祖父元宜は加藤清正に仕えていたが,加藤家改易のため契沖は浪人の子として生まれた。幼時から記憶力に優れ5歳のとき母の教えた百人一首を暗記したという。11歳のとき大坂今里の妙法寺に入り丯定(かいじよう)の弟子となり,13歳で高野山東宝院の快賢について仏道修行し,阿闍梨(あじやり)位を得て大坂生玉の曼陀羅院の住持となった。この間に下河辺長流の知遇を得たが,やがて27歳のころ放浪の旅に出て長谷から室生山に至って死を決意し,岩頭に頭を打ちつけたが果たさなかった。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

けいちゅう【契沖】

1640~1701) 江戸前期の国学者・歌人。俗姓、下川。字あざなは空心。契沖は法号。摂津の人。大坂高津こうづの円珠庵に隠棲。和漢の学、悉曇しつたんに精通、復古の信念に基づくすぐれた古典の注釈研究、古代の歴史的仮名遣いを明らかにするなど、その文献学的方法は近世国学の基盤をつくった。著「万葉代匠記」「古今余材抄」「勢語臆断」「和字正濫鈔」、「円珠庵雑記」など。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

契沖
けいちゅう

[生]寛永17(1640).摂津,尼崎
[没]元禄14(1701).1.25. 大坂
江戸時代初~中期の真言宗の僧,古典学者,歌人。俗姓は下川氏,字は空信,法号は契沖。 11歳のとき大坂妙法寺に入り,13歳で高野山に登り剃髪。阿闍梨となり,曼陀羅院,妙法寺の住職をつとめた。 51歳のとき,高津の円珠庵に隠棲,ここで没した。 40代頃から古典研究を始め,元禄3 (1690) 年『万葉代匠記』を完成。このほか,『古今余材抄』 (91成立) ,『厚顔抄』 (91同) ,『源注拾遺』 (96同) などの注釈書,『和字正濫鈔』 (93成立,95刊) ,『和字正濫通妨抄』 (97成立) などの国語学関係の著作,歌集『漫吟集』や随筆など著書が多い。また,多くの古典の校訂を行い,書入れを残し,近世国学の基礎を築いた。歴史的かなづかいの制定者としても重要。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

契沖
けいちゅう
(1640―1701)

江戸前期の古典学者、歌人、僧侶(そうりょ)。空心(くうしん)とも号す。近江(おうみ)国(滋賀県)下川(しもがわ)家の出。祖父元宜(もとよし)は加藤清正の家老で、父元全(もとさだ)は尼崎(あまがさき)青山氏に仕えた。母は細川忠興(ほそかわただおき)の臣、間(はざま)氏。8子中第3子として尼崎で生まれた。11歳で出家、大坂今里妙法寺の(かいじょう)の弟子となり、13歳、高野山(こうやさん)に上り東室院快賢(とうしついんかいけん)につき、23歳、大坂の曼陀羅院(まんだらいん)の住職となり、24歳、阿闍梨(あじゃり)位を得た。そのころ下河辺長流(しもこうべちょうりゅう)を知り古典研究を始めた。27、28歳ごろ曼陀羅院を去り、大和(やまと)(奈良県)室生(むろう)の岩壁に頭を打ち死を図ったのち、高野を経て、30歳ごろより和泉(いずみ)国久井(ひさい)(大阪府和泉市)の辻森吉行(つじもりよしゆき)、35歳ごろより万町(まんちょう)(同市)の伏屋重賢(ふせやしげかた)(?―1693)のもとに寄寓(きぐう)、和漢の書を読破した。40歳、妙法寺住職となり、創設した高津円珠庵(えんじゅあん)に51歳ごろから62歳の死まで隠棲(いんせい)、著述に専念した。元禄(げんろく)14年1月25日没。円珠庵に遺著、墓がある。
 徳川光圀(とくがわみつくに)の依頼も受け、『万葉代匠記(まんようだいしょうき)』『厚顔抄(こうがんしょう)』『古今余材抄(こきんよざいしょう)』『勢語臆断(せいごおくだん)』『源註拾遺(げんちゅうしゅうい)』『百人一首改観抄(かいかんしょう)』など古典を注釈、『和字正濫鈔(わじしょうらんしょう)』などで歴史的仮名遣いの基礎を確立し、『勝地吐懐編(しょうちとかいへん)』など歌枕(うたまくら)研究、『河社(かわやしろ)』『円珠庵雑記』『契沖雑考』など研究随筆を著し、『新撰(しんせん)万葉集』『古今和歌六帖(ろくじょう)』など和歌、六国史(りっこくし)など歴史、物語、日記など古典の書写、抄出、書入類も多い。実証的な文献学的方法による格段と進んだ古典研究を確立し、後世への影響が著しい。門弟に野田忠粛(のだちゅうしゅく)(1648―1719)、今井似閑(いまいじかん)(1657―1723)、海北若冲(かいほくじゃくちゅう)(1675―1752)、安藤為章(あんどうためあきら)らがある。また新古今調で写実的な和歌を詠み、『契沖和歌延宝集(えんぽうしゅう)』『漫吟集(まんぎんしゅう)』などに6000首以上収められている。[林 勉]
『上田万年監修『契沖全集』全11巻(1926~1927・朝日新聞社) ▽久松潜一監修『契沖全集』全16巻(1973~1976・岩波書店) ▽『契沖伝』(『久松潜一著作集12』所収・1969・至文堂) ▽築島裕・林勉・池田利夫・久保田淳著『契沖研究』(1984・岩波書店)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の契沖の言及

【歌論】より

…彼の著作は多いが,70歳のときまでの〈歌論〉を大成した《梨本集(なしのもとしゆう)》がある。《万葉代匠記》を著した契沖は茂睡と同時代人である。《万葉代匠記》は,下河辺長流(しもこうべちようりゆう)が水戸光圀に請われてはじめた万葉集注釈の作業を,長流老齢のため引き継いだ仕事であった。…

【源氏物語】より

…これらの古注類は考証や鑑賞面に大部のすぐれた成果を挙げてはいるものの,物語の本質論や文芸的理解となると,当時の儒仏思想の功利的な教戒観に左右されがちであったのはやむをえない。江戸時代に入ると,国学の勃興とともにいわゆる〈新注〉の時代となり,契沖の《源注拾遺》や賀茂真淵の《源氏物語新釈》がいずれも文献学的実証を志向し,ついで本居宣長の《源氏物語玉の小櫛》は,その総論に,物語の本質は〈もののあはれ〉すなわち純粋抒情にありとする画期的な論を立てて,中世の功利主義的物語観を脱却した。しかし宣長以後は幕藩体制下,儒教倫理による《源氏物語》誨淫(かいいん)説の横行によって,その研究もふるわず,わずかに萩原広道の《源氏物語評釈》の精密な読解が注目されるにすぎない。…

【厚顔抄】より

…古代歌謡の注釈書。契沖著。1691年(元禄4)成立。…

【古今和歌集】より

…中世の研究は北村季吟《八代集抄》(1679‐81成立)に総括され,近世の研究に基礎を提供した。契沖の《古今余材抄》(1692成立)は近世的な科学的研究を開始した重要な研究であり,本居宣長《古今和歌集遠鏡(とおかがみ)》(1794成立)は最初の口語訳である。香川景樹《古今和歌集正義》(1835刊)は近世の最もすぐれた《古今集》研究である。…

【国学】より

…この名称が最終的に定着したのは明治時代になってからであった。
[第1期]
 国学の源流は,元禄年間の下河辺長流(しもこうべちようりゆう),契沖(けいちゆう)の日本古典研究にまでさかのぼることができる。長流は武士出身の隠者,契沖は真言宗の僧であったが,ともに中世以来の閉鎖的な堂上歌学やその歌論に批判的であり,伝統の権威にとらわれぬ新しい古典注釈をめざした。…

【国語学】より

…これが,中世には仮名遣いの規範として権威をもった。後に述べる契沖の研究は,これに対する反論である。また鎌倉時代から室町時代にかけて,しだいに,〈てにをは〉の問題が,修辞の面から注意を払われ,これが,後世の文法研究の源をなすのである。…

【勢語臆断】より

契沖による《伊勢物語》の注釈書。4巻。…

【万葉代匠記】より

…注釈書。契沖の著。1690年(元禄3)精撰本完成。…

【和字正濫鈔】より

契沖(けいちゆう)著の仮名遣い研究書。5巻。…

※「契沖」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

契沖の関連キーワード契沖旧庵〈円珠庵〉ならびに墓大阪府大阪市天王寺区空清町漫吟集竜公美本契沖和歌延宝集字音仮名遣い円珠庵雑記漫吟集類題悉曇三密鈔三手文庫海北若冲山田淳子中西信慶伏屋重賢古学小伝今井似閑源註拾遺古言梯橘成員契沖墓契沖忌

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

契沖の関連情報