コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

和字正濫鈔 わじしょうらんしょう

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

和字正濫鈔
わじしょうらんしょう

契沖の書いたかなづかい研究書。5巻。元禄6 (1693) 年成立。同8年刊。『倭名類聚抄』以前の文献ではかなづかいが一定していること,しかもそれが定家仮名遣と一致しない点が多いことを発見し,それによって従来行われていた定家仮名遣を訂正したもの。問題となるかなづかいを含む語をイロハ順に漢字で並べ,正しいかなづかいを示し,出典をあげている。書名は,かなの乱れを正すという意味。契沖は,このかなの使い分けが当時の発音の別に基づくものであることを認識していなかったようであるが,研究態度は帰納的・実証的で,国語学史上画期的な意義をもつ。以後のかなづかい研究の基礎となったばかりでなく,歴史的かなづかいの始りとして,明治以後の正書法に採用された。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

和字正濫鈔【わじしょうらんしょう】

契沖著の仮名遣い研究書。5巻。1693年成立,1695年刊。《万葉集》《和名類聚抄》などの万葉仮名の用例に基づき,奈良〜平安初期にはいろは47文字の仮名が正しく用いられていたとして定家仮名遣いの誤りを正した書。
→関連項目契沖

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

わじしょうらんしょう【和字正濫鈔】

契沖(けいちゆう)著の仮名遣い研究書。5巻。1693年(元禄6)成立,95年刊。書名は,和字(仮名)の遣い方の濫(みだ)れを正す意。契沖は,《万葉集》を研究し,《万葉代匠記(だいしようき)》をまとめる過程で,上代の万葉仮名文献の仮名遣いを調べ,中世以来尊重されてきた〈定家(ていか)仮名遣い〉と異なっていることを発見した。そこで《万葉集》《和名類聚抄(わみようるいじゆうしよう)》などの万葉仮名の和訓を調べ,〈い・ゐ・ひ〉〈お・を・ほ〉〈え・ゑ・へ〉などの仮名遣いを示したのが本書である。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

わじしょうらんしょう【和字正濫鈔】

語学書。五巻。契沖著。1695年刊。上代・中古初期の文献の仮名遣いを調査して体系的にまとめたもの。実証的な研究方法は後の文献研究の指針となった。本書にまとめられた仮名遣いは後人の補訂を経て、明治以降いわゆる歴史的仮名遣いとして規範化された。 → 歴史的仮名遣い

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

和字正濫鈔
わじしょうらんしょう

仮名遣い書。五巻五冊。僧契沖著。1693年(元禄6)に成り、95年刊。仮名の濫(みだ)れたのを正す意で、仮名の正しい用法を示したもの。契沖は、平安中期成立の『倭名類聚抄(わみょうるいじゅしょう)』以前の文献には、いろは四十七文字の仮名の用法に混乱のないことを発見し、これこそ仮名表記の基準であると考え、「い」「ゐ」「ひ」「を」「お」「ほ」「え」「ゑ」「へ」等の項目の下に、その仮名を含む語をいろは順に並べ、その出典を注したのが本書である。中世以来、藤原定家の仮名遣いが権威をもっていたが、その基準がかならずしも明らかでないのに対し、本書の説は明確な根拠を示した仮名遣いであったために、国学者の間などに行われ、後の歴史的仮名遣いの基礎をなす文献となった。[築島 裕]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の和字正濫鈔の言及

【国語学】より

…彼は,因襲をしりぞけ,選ばれた資料にもとづいて,事実を客観的に帰納するところの,生きた学問の精神と方法とをもって時代にのぞんだ。すなわち,彼は,平安時代中期以前に成立した文献までさかのぼると,仮名遣いの混乱は見られないことを実証的に確かめ,そこでそれらの実例をもって,仮名遣い決定の具体的な根拠とした(《和字正濫鈔》)。当時にあっては,これに対する反対論もあったが,契沖はそれに痛烈な応酬を試みた。…

【半濁音】より

…この半濁という名目が,清音および濁音に対して設けられたのは,いつのことか知りがたいが,観応の《補忘記(ぶもうき)》(1687)にはすでに用いられている。他方,同時代の契沖の《和字正濫鈔(わじしようらんしよう)》(1693)では,半濁のことを〈清濁の間の音〉として説いているが,とくに半濁という名目はみえていない。こんにちのハ行音は,もとはpの音であったと推定されている(すなわち,たとえば[hana](花)は,むかしは[pana]であったと推定される)。…

※「和字正濫鈔」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

和字正濫鈔の関連キーワード和字古今通例全書歴史的仮名遣い望月(満月)倭名類聚鈔古言梯半濁音橘成員築島

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android