歴史的都市景観(読み)れきしてきとしけいかん

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

古くからの都市建築物などを眺めた景色。 1960年代後半からの高度成長期をに,都市の変化が激しくなり,建築物の建て替えが進んだ。このため古くからの都市の景観が破壊されてきている。他方では観光などによる起こしの動きのなかで,町並みの保存運動が進められてきた。個々の建築物を残すだけでなく,としての保存にが向けられ,木曽路馬籠宿に代表されるような景観保存の動きが全国で見られる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

アルコール依存症

飲酒によって一時的に、不安や緊張感、気分の落ち込みなどが緩和されるが、次第に飲まずにはいられない精神状態になり、同じような酔いを得るための飲酒量が増大していく(耐性)。身に付いてしまった大量頻繁な飲酒...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android