コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

歴史的都市景観 れきしてきとしけいかん

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

歴史的都市景観
れきしてきとしけいかん

古くからの都市建築物などを眺めた景色。 1960年代後半からの高度成長期を境に,都市の変化が激しくなり,建築物の建て替えが進んだ。このため古くからの都市の景観が破壊されてきている。他方では観光などによる町起こしの動きのなかで,町並みの保存運動が進められてきた。個々の建築物を残すだけでなく,面としての保存に眼が向けられ,木曽路の馬籠宿に代表されるような景観保存の動きが全国で見られる。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

歴史的都市景観の関連キーワード神辺

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android