コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

死ぬ権利 しぬけんりright to die

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

死ぬ権利
しぬけんり
right to die

脳死あるいは植物状態に陥ったとき,患者または家族が,希望のない延命措置を断わり,尊厳死を求める権利。米連邦最高裁判所は,1990年6月,交通事故で植物状態になった女性の両親の訴えに対して,初めて憲法上の権利として「死ぬ権利」を認めた。しかし,患者の意思が確認できないという理由で,両親の訴えそのものは却下された。アメリカでは,90年7月現在,41州で尊厳死法が制定され,延命治療を拒否するリビングウイルを残しておけば,尊厳死が認められている。しかし,自殺ほう助の問題と絡んで,さまざまな論議があるのも事実である。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

死ぬ権利の関連キーワード臓器移植法臓器移植安楽死

今日のキーワード

グランピング

「グラマラス(Glamorous)」と「キャンピング(Camping)」を掛け合わせた造語で、ホテル並みの設備やサービスを利用しながら、自然の中で快適に過ごすキャンプのこと。従来型のキャンプとは一線を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android