コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

死体保存 したいほぞん

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

死体保存
したいほぞん

死者との接触を永久的なものとするために,死体ミイラにする方法。各地でみられるが,特に古代エジプトでは,死体に香油を塗ることにより不死が達成されると信じられ,王をミイラにして保存することが広く行われた。オーストラリアのいくつかの民族では,死者のミイラをたずさえて移動し,夕方には野営地の火のそばにミイラを置き,全員で歓談する。また,ニューギニア,アメリカのいくつかの民族では,死体を火で乾燥させ,ミイラをつくる。完成後,座椅子やはしごにすわらせ,村落を見渡せる丘や山の洞穴などに安置する。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

ヨリトフグ

硬骨魚綱フグ目フグ科に属する海水魚。本州中部以南の各地と世界中の温帯から熱帯域に分布する。フグ科魚類のなかでも分布範囲がもっとも広い種である。体は円滑で小棘(しょうきょく)はなく、体の腹面に多数のしわ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

死体保存の関連情報