死者ミサ(読み)ししゃミサ(英語表記)missa pro defuncto

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典 「死者ミサ」の意味・わかりやすい解説

死者ミサ
ししゃミサ
missa pro defuncto

単に死者冥福のために捧げられるミサではなく,典礼の構成そのものがこの目的のために組立てられているミサをいう。この種のミサの入祭文 (入祭唱ともいう) Introitusの最初の言葉 requiem (安息を) によりレクィエムとも,またその趣旨から鎮魂ミサとも,祭服の色から黒ミサともいう。起源古く中世にさまざまの型ができたが,ピウス5世によって一つの形式に定められた。その趣旨から喜びを表わすような要素を省き,死者を偲ぶための聖句,祈りなどが用いられている。モーツァルト (未完) ,ケルビーニ,ベルリオーズ,ベルディ,フォーレらが典礼文に作曲している。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

姥桜

1 葉が出るより先に花が開く桜の通称。ヒガンザクラ・ウバヒガンなど。葉がないことを「歯無し」に掛けた語という。2 女盛りを過ぎても、なお美しさや色気が残っている女性。[類語]オールドミス・老嬢...

姥桜の用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android