死者ミサ(読み)ししゃミサ(英語表記)missa pro defuncto

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

死者ミサ
ししゃミサ
missa pro defuncto

単に死者の冥福のために捧げられるミサではなく,典礼の構成そのものがこの目的のために組立てられているミサをいう。この種のミサの入祭文 (入祭唱ともいう) Introitusの最初の言葉 requiem (安息を) によりレクィエムとも,またその趣旨から鎮魂ミサとも,祭服の色から黒ミサともいう。起源は古く,中世にさまざまの型ができたが,ピウス5世によって一つの形式に定められた。その趣旨から喜びを表わすような要素を省き,死者を偲ぶための聖句,祈りなどが用いられている。モーツァルト (未完) ,ケルビーニベルリオーズベルディ,フォーレらが典礼文に作曲している。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ギャンブル等依存症対策基本法

競馬やパチンコなどのギャンブル依存症への対策を進めるために、国や地方公共団体に対して、依存症の予防・啓発や、患者、家族へのケア、支援に関する計画の策定などを義務付ける国の法律。自民党と公明党、日本維新...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android