コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

死者ミサ ししゃミサmissa pro defuncto

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

死者ミサ
ししゃミサ
missa pro defuncto

単に死者の冥福のために捧げられるミサではなく,典礼の構成そのものがこの目的のために組立てられているミサをいう。この種のミサの入祭文 (入祭唱ともいう) Introitusの最初の言葉 requiem (安息を) によりレクィエムとも,またその趣旨から鎮魂ミサとも,祭服の色から黒ミサともいう。起源は古く,中世にさまざまの型ができたが,ピウス5世によって一つの形式に定められた。その趣旨から喜びを表わすような要素を省き,死者を偲ぶための聖句,祈りなどが用いられている。モーツァルト (未完) ,ケルビーニベルリオーズベルディ,フォーレらが典礼文に作曲している。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

死者ミサの関連キーワード詠誦

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android