コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

殉爆 じゅんばく sympathetic detonation; detonation by influence

1件 の用語解説(殉爆の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

殉爆
じゅんばく
sympathetic detonation; detonation by influence

ある距離を隔てた2つの爆薬のうち,一方が爆発したときに,他方がそれに感応して爆発する現象。すなわち殉爆とは他の爆薬の爆発に対する感度であるから,発破の実操業上あるいは火薬庫の保安対策上非常に重要な性能である。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の殉爆の言及

【火薬】より

…どの強さの衝撃波で受爆薬が爆発するかを調べる。実用的な衝撃起爆感度の試験として砂上殉爆試験がある。ふつう岩石に孔(発破孔)をあけ,その中に爆薬の包装品(薬包)を何本か装てんして,一端から起爆して発破が行われる。…

※「殉爆」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

殉爆の関連キーワード安全爆薬片親川越し磁気双極子隔てる御簾を隔てて高座を覗く向こうスラリー爆薬スターティヴァントの法則

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone