コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

残留放射性物質 ザンリュウホウシャセイブッシツ

1件 の用語解説(残留放射性物質の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

ざんりゅう‐ほうしゃせいぶっしつ〔ザンリウハウシヤセイブツシツ〕【残留放射性物質】

核爆発や原発事故によって環境中に放出され、土壌や食品などに残留し続ける放射性物質。爆発や事故で直接生じた核分裂生成物のほか、中性子線を浴びて放射化された元素などがある。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

残留放射性物質の関連キーワード電子放出死の灰想定事故核爆発光電子放出シエスパ爆発事故日本カーリット横浜工場爆発事故玉栄丸爆発事故オーストリアの原発政策原発事故調査・検証委員会

今日のキーワード

日本政策投資銀行

1999年に日本開発銀行と北海道東北開発公庫を統合し、発足した政府系総合政策金融機関。一般の金融機関が行なう金融などを補完・奨励し、長期資金の供給などを行ない、日本の経済社会政策に金融上で寄与していく...

続きを読む

コトバンク for iPhone

残留放射性物質の関連情報