コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

殷富門 いんぷもん

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

殷富門
いんぷもん

古くは伊福部門といった。平安京大内裏外郭 12門の一つで,西大宮大路に通じる。もとは尾張の伊福部氏が守衛にあたっていたが,のちには右衛門府 (→衛門府 ) がこれにあたった。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

大辞林 第三版の解説

いんぷもん【殷富門】

平安京大内裏だいだいりの外郭十二門の一。西面し上西門の南にあった。 → 大内裏

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

殷富門の関連キーワード式子内親王(しょくしないしんのう)藤原定家(ふじわらのていか)殷富門院大輔小倉百人一首亮子内親王式子内親王藤原定家殷富門院外つ宮所上西門小侍従武徳殿寂蓮

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android