コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

守衛 シュエイ

デジタル大辞泉の解説

しゅ‐えい〔‐ヱイ〕【守衛】

[名](スル)
守ること。見張ること。また、その人。警固。
「当日尾州でも禁門を―したと」〈藤村夜明け前
官庁・会社・学校・工場などで、出入り口の監視や敷地・建物内の警備に当たる職。また、その人。
旧衆議院・貴族院院内警備看視に当たった職員。今の衛視

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

しゅえい【守衛】

警固すること。特に官庁・会社・学校・病院などで、警備に当たる役。また、その人。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

守衛の関連キーワードカジノ・フォーリーカジノフォーリー詰め所・詰所火災報知機浅井常次郎中原悌二郎京都守護職相馬黒光大谷光威黒田忠之県犬養氏近衛師団千葉清宗米津政矩堀田正永戸張孤雁荻原碌山日光奉行留守居番近衛連隊

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

守衛の関連情報