応対(読み)おうたい

精選版 日本国語大辞典「応対」の解説

おう‐たい【応対】

〘名〙
① 相手になって受けこたえすること。客をもてなすこと。応接。
※懐風藻(751)釈智蔵「論雖蜂起、応対如流、皆屈服莫驚駭
※暗夜行路(1921‐37)〈志賀直哉〉三「一人で茶をつぎ客の応対をしてゐる二代木仙は」 〔春秋左伝‐襄公三一年〕
② ある問題について話し合うこと。利害関係の反する者同士が交渉すること。談判。
※歌舞伎・韓人漢文手管始(唐人殺し)(1789)四「何時でも直下げの身請、三百両で応対がして有」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「応対」の解説

おう‐たい【応対】

[名](スル)相手になって、受け答えすること。「どんな客にも巧みに応対する」「電話の応対がうまい」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

緑酒

〘名〙 緑色の酒。よい酒。うまい酒の色としていう。※菅家文草(900頃)五・雨晴対月「緑酒猶催醒後盞、珠簾未レ下暁来鈎」※一高寮歌・嗚呼玉杯に花うけて(1902)〈矢野勘治〉「嗚呼玉杯に花うけて 緑酒...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android