応対(読み)おうたい

精選版 日本国語大辞典「応対」の解説

おう‐たい【応対】

〘名〙
① 相手になって受けこたえすること。客をもてなすこと。応接。
※懐風藻(751)釈智蔵「論雖蜂起、応対如流、皆屈服莫驚駭
※暗夜行路(1921‐37)〈志賀直哉〉三「一人で茶をつぎ客の応対をしてゐる二代木仙は」 〔春秋左伝‐襄公三一年〕
② ある問題について話し合うこと。利害関係の反する者同士が交渉すること。談判
※歌舞伎・韓人漢文手管始(唐人殺し)(1789)四「何時でも直下げの身請、三百両で応対がして有」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

普及版 字通「応対」の解説

【応対】おうたい

うけこたえ。〔論語、子張〕子夏の門人小子、洒・應對・に當りては、則ち可なり。抑(そもそも)末なり。之れを本づくるは、則ち無し。之れを如何(いかん)せん。

字通「応」の項目を見る

出典 平凡社「普及版 字通」普及版 字通について 情報

今日のキーワード

動員令

〘名〙 旧制で、戦時または事変に際し、在郷軍人を召集する命令。※東京朝日新聞‐明治三七年(1904)二月四日「隠密に本国に於ては数個軍団に動員令を布きたる形跡あり」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android