殿上法師(読み)てんじょうほうし

精選版 日本国語大辞典の解説

てんじょう‐ほうし テンジャウホフシ【殿上法師】

〘名〙
① 法皇に近侍して出家し、院の殿上を許されている者。また、院の殿上を許された法師。
※今昔(1120頃か)二四「寛蓮は品も不賤して、宇多院の殿上法師にて有ければ」
坊官の異称。〔随筆・錦所談(1834)〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

天泣

上空に雲がないにもかかわらず,雨が降る現象。風上にある雲からの雨であったり,雨が降ってくる間に雲が移動したり消えたりする場合などに起こる。天気雨,狐の嫁入りともいう。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android