コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

殿村藍田 とのむら らんでん

美術人名辞典の解説

殿村藍田

書家。東京生。師は豊道春海。洗練された叙情的な作風で、かな作品に独自の境地を示す。日展参事・全日本書道連盟顧問・謙慎書道会顧問。青藍社主宰。日本芸術院賞・日展内閣総理大臣賞受賞。著書に『藍田書例』がある。平成12年(2000)歿、86才。

出典|(株)思文閣美術人名辞典について | 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

殿村藍田 とのむら-らんでん

1913-2000 昭和-平成時代の書家。
大正2年8月2日生まれ。豊道春海(ぶんどう-しゅんかい)に師事。昭和42年日展で内閣総理大臣賞。52年「薛逢詩」で芸術院賞。仮名文字にも定評がある。日展参事,青藍社主幹をつとめた。平成12年7月23日死去。86歳。東京出身。東京工業専修学校卒。本名は喜代松。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

殿村藍田の関連キーワード書家

今日のキーワード

かりゆし

1 沖縄方言で「縁起がよいこと」「めでたいこと」を表す語。2 「かりゆしウエア」の略。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

殿村藍田の関連情報