比翼仕立て(読み)ヒヨクジタテ

デジタル大辞泉の解説

ひよく‐じたて【比翼仕立て】

洋裁で、上前の打ち合わせを二重にし、隠しボタン・隠しジッパーにする仕立て。コートなどに用いる。
和裁で、襟・袖口・振り・裾を二重にし、2枚の長着を重ねたように見せる仕立て人形仕立て

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

ひよくじたて【比翼仕立て】

和裁で、襟・袖口・振り・裾を二枚重ねに見せる仕立て。留袖に多く用いられる。人形仕立て。
洋裁で、ボタン掛けの所を二重にして、ボタンが見えないようにする仕立て。比翼。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の比翼仕立ての言及

【着物】より

…着付も重ね着が標準となり,少なくとも2枚,一般に3枚,多いものは4枚を重ねた。そのため目につく袖口,八つ口,衿(襟),裾だけを二重にした〈比翼(ひよく)仕立て〉という裁縫を生んだ。 元禄以後〈華美〉と〈流行〉が著しくなり,《女重宝記》に〈時々のはやりそめも五年か八年の間にすたり〉とあるように,あらゆる意匠の変化を次々と求めるようになった。…

※「比翼仕立て」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

ゲーム障害

オンラインゲームなどへの過度な依存により日常生活に支障をきたす疾病。インターネットやスマートフォンの普及でオンラインゲームなどに過度に依存する問題が世界各地で指摘されていることを受け、世界保健機関(W...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android