コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

毘沙門洞穴 びしゃもんどうけつ

世界大百科事典 第2版の解説

びしゃもんどうけつ【毘沙門洞穴】

神奈川県三浦市毘沙門にある海食洞穴。毘沙門洞窟ともいう。弥生時代後期の洞窟遺跡で,三浦半島南端に位置する。相模湾に面した高さ約20mの海食台地の断崖中腹に,数mから十数mの間隔をおいて4洞が並ぶ。それらの入口の幅は,2mから11mのものまであり,奥行きは8mから20mにおよんでいる。どの洞窟も弥生時代後期初頭に漁労民の住居として使用されたが,天井の落盤などによって放棄された。古墳時代またはその後にも,人が住みついたり墓地として利用されたものがある。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android