コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

毛利元春 もうり もとはる

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

毛利元春 もうり-もとはる

?-? 南北朝時代の武将。
建武(けんむ)の新政で没収された曾祖父毛利時親(ときちか)の安芸(あき)(広島県)吉田荘地頭職(しき)を奪回するため時親とともに行動,南朝方となっていた父親衡(ちかひら)と対立しながら勢力を拡大する。永和3=天授3年(1377)将軍足利義満(よしみつ)から地頭職を安堵(あんど)された。初名は師親。法名は元阿。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

世界大百科事典内の毛利元春の言及

【毛利氏】より

…(1)西中国の雄族で中・近世大名(図)。大江広元が相模国毛利荘をその子季光に譲り,季光がここを苗字の地としたのに始まる。季光は宝治合戦(1247)で三浦氏に荷担したため同荘を没収されたが,その第4子経光は荷担せず越後国佐橋荘,安芸国吉田荘等を保持した。経光は1270年(文永7)両所を第4子時親に譲った。吉田荘では96年(永仁4)領家・地頭間で下地中分(したじちゆうぶん)が行われ,時親は吉田,麻原(おはら)を領した。…

※「毛利元春」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

毛利元春の関連キーワード南北朝時代悦堂常喜

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android