毛利勝永(読み)もうり かつなが

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

毛利勝永 もうり-かつなが

?-1615 織豊-江戸時代前期の武将。
毛利勝信の子。関ケ原の戦い西軍に属し,敗れて父とともに土佐高知藩主山内一豊(かずとよ)にあずけられる。慶長19年子の勝家と脱走して大坂城にはいり,20年5月8日夏の陣で落城のとき自殺。初名は吉政。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

未必の故意

犯罪事実の発生を積極的には意図しないが、自分の行為からそのような事実が発生するかもしれないと思いながら、あえて実行する場合の心理状態。→故意[補説]作品名別項。→未必の故意...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android