コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

毛利勝信 もうり かつのぶ

1件 の用語解説(毛利勝信の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

毛利勝信 もうり-かつのぶ

?-1611 織豊時代の武将。
豊臣秀吉につかえ,天正(てんしょう)15年(1587)豊前(ぶぜん)小倉(福岡県)6万石の城主となる。関ケ原の戦いで西軍に属し,敗れて子の勝永とともに土佐高知藩主山内一豊(かずとよ)にあずけられた。慶長16年9月8日その地で死去。尾張(おわり)(愛知県)出身。本姓は森。初名は吉成。号は一斎。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

世界大百科事典内の毛利勝信の言及

【豊前国】より

…戦国時代の豊前における山城の代表的なものをあげると,企救郡に門司城と三ヶ岳城,京都郡に松山城と馬ヶ岳城,仲津郡に城井城,田川郡に香春岳城と岩石城,下毛郡に長岩城,宇佐郡に妙見岳城と竜王城があった。【佐藤 満洋】
【近世】

[所領配置]
 1587年(天正15)の豊臣秀吉の九州の国割りで,豊前国は企救,田川2郡が毛利勝信に,京都,仲津,築城,上毛(こうげ),下毛(しもげ),宇佐の6郡が黒田孝高(よしたか)(如水)に与えられ,勝信は小倉,孝高は中津に入った。黒田氏は直ちに領内の検地を実施し,これに抵抗する在地土豪,国人を徹底的に鎮圧した。…

※「毛利勝信」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

毛利勝信の関連キーワード織豊時代粟野秀用堅田広澄白井範秀寺西正勝豊臣秀勝(1)丹羽長正野呂助三郎原胤成渡瀬繁詮

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

毛利勝信の関連情報