コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

毛長鼠 ケナガネズミ

大辞林 第三版の解説

けながねずみ【毛長鼠】

ネズミ科の哺乳類。頭胴長約25センチメートル、尾長約33センチメートルで、日本産最大のネズミ。背面は赤褐色で長い剛毛があり、腹面は黄白色で、尾の先が白い。森林にすみ、おもに樹上で生活する。性質は温和。奄美大島・徳之島・沖縄本島の特産種。天然記念物。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

動植物名よみかた辞典 普及版の解説

毛長鼠 (ケナガネズミ)

学名:Diplothrix legata
動物。ネズミ科の動物

出典|日外アソシエーツ「動植物名よみかた辞典 普及版」動植物名よみかた辞典 普及版について | 情報

毛長鼠の関連キーワード特産種赤褐色森林腹面樹上

今日のキーワード

優曇華

《〈梵〉udumbaraの音写「優曇波羅」の略。霊瑞、希有と訳す》1㋐インドの想像上の植物。三千年に一度その花の咲くときは転輪聖王が出現するという。㋑きわめてまれなことのたとえ。2 クサカゲロウ類が産...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android