コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

民小鮪 たみの おしび

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

民小鮪 たみの-おしび

?-? 飛鳥(あすか)-奈良時代の武人。
東漢(やまとのあや)氏の一族。壬申(じんしん)の乱(672)のとき,大海人(おおあまの)皇子(天武天皇)側の将として,坂本財(たから)らとともに大和(奈良県)竜田(たつた)で近江(おうみ)軍をふせいだ。養老4年従五位上となる。天平(てんぴょう)元年まで記録がのこる民袁志比と同一人ともされる。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

民小鮪

生年:生没年不詳
奈良時代官人。名を袁志比とも書く。壬申の乱(672)に際して,倭京将軍大伴吹負の配下で,河内から攻め寄せた近江朝廷の軍を竜田(奈良県三郷町か)に防いだ。和銅4(710)年正六位上から従五位下に昇る。養老4(721)年従五位上となり,天平1(729)年に至る。以後の消息は明らかでない。

(橋本義則)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について | 情報

民小鮪の関連キーワード生年東漢

今日のキーワード

所信表明演説

政府の長が施政に関する考え方を明らかにするために行う演説。日本の国会では、臨時国会や特別国会の冒頭に内閣総理大臣が衆議院および参議院の本会議場で行い、当面の問題を中心にその国会における内閣の方針を示す...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android