コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

民小鮪 たみの おしび

2件 の用語解説(民小鮪の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

民小鮪 たみの-おしび

?-? 飛鳥(あすか)-奈良時代の武人。
東漢(やまとのあや)氏の一族。壬申(じんしん)の乱(672)のとき,大海人(おおあまの)皇子(天武天皇)側の将として,坂本財(たから)らとともに大和(奈良県)竜田(たつた)で近江(おうみ)軍をふせいだ。養老4年従五位上となる。天平(てんぴょう)元年まで記録がのこる民袁志比と同一人ともされる。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

民小鮪

生年:生没年不詳
奈良時代の官人。名を袁志比とも書く。壬申の乱(672)に際して,倭京将軍大伴吹負の配下で,河内から攻め寄せた近江朝廷の軍を竜田(奈良県三郷町か)に防いだ。和銅4(710)年正六位上から従五位下に昇る。養老4(721)年従五位上となり,天平1(729)年に至る。以後の消息は明らかでない。

(橋本義則)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

民小鮪の関連キーワード飛鳥井雅俊飛鳥京跡飛鳥鍋飛鳥の蘇大阪府羽曳野市飛鳥飛鳥/明日香奈良県高市郡明日香村飛鳥飛鳥井曾衣穂積百足物部日向

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone