コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

民族改造論 みんぞくかいぞうろん

世界大百科事典 第2版の解説

みんぞくかいぞうろん【民族改造論】

李光洙が三・一独立運動挫折後の1922年5月,朝鮮語総合雑誌開闢(かいびやく)》に発表した論説。彼は,民族独立の前提としての人格修養を力説する安昌浩の考えに従って,朝鮮人の精神的な改造を説いた。しかし朝鮮民族の〈劣等性〉を強調した論説であるとして,他の論者から批判を受けた。《民族改造論》は改良的民族運動家としての李の考えを示したものだが,その後李が親日派に転ずるにいたって,〈劣等〉な朝鮮人を日本人化せよとする考えの代名詞ともなった。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

民族改造論の関連キーワードイ・グァンス(李光洙)

今日のキーワード

スタットキャスト

大リーグの全30球場に高精度カメラやレーダーを設置し、ボールや選手の動きを細かく分析。走攻守全てで、これまで分からなかったデータを解析し、試合やチーム作りに生かせる。例えば投手では、投げる球種の回転数...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android