コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

民族改造論 みんぞくかいぞうろん

1件 の用語解説(民族改造論の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

みんぞくかいぞうろん【民族改造論】

李光洙三・一独立運動挫折後の1922年5月,朝鮮語の総合雑誌開闢(かいびやく)》に発表した論説。彼は,民族独立の前提としての人格修養を力説する安昌浩の考えに従って,朝鮮人の精神的な改造を説いた。しかし朝鮮民族の〈劣等性〉を強調した論説であるとして,他の論者から批判を受けた。《民族改造論》は改良的民族運動家としての李の考えを示したものだが,その後李が親日派に転ずるにいたって,〈劣等〉な朝鮮人を日本人化せよとする考えの代名詞ともなった。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

民族改造論の関連キーワード金九宋鎮禹ティラクマルティ李光耀万歳事件李光洙三・一独立運動姜徳相金允植

今日のキーワード

信長協奏曲(コンツェルト)

石井あゆみによる漫画作品。戦国時代にタイムスリップした現代の高校生が病弱な織田信長の身代わりとして生きていく姿を描く。『ゲッサン』2009年第1号から連載開始。小学館ゲッサン少年サンデーコミックス既刊...

続きを読む

コトバンク for iPhone