民間雑誌(読み)みんかんざっし

世界大百科事典 第2版の解説

みんかんざっし【民間雑誌】

明治初期の啓蒙雑誌。1874年(明治7)2月から75年6月まで慶応義塾出版社で刊行。全12編。不定期刊。半紙半截二つ折りの体裁に活版印刷でかたかな交りの漢文による啓蒙的論文を掲載。発刊の目的は,都会偏重の政策に対する一般民衆とくに農村社会への啓蒙活動にあったが,しだいに政治論説を掲げるようになった。執筆者には福沢諭吉をはじめとして,小幡篤次郎中上川彦次郎矢野文雄那珂通世,林茂吉,藤田茂吉箕浦勝人らがいる。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

スト破り

ストライキの際、使用者側について業務を続けること。特に、使用者がストライキに対抗して雇用者の一部や外部からの雇用者を就業させること。また、その労働者。スキャッブ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

民間雑誌の関連情報