コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

民間雑誌 みんかんざっし

1件 の用語解説(民間雑誌の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

みんかんざっし【民間雑誌】

明治初期の啓蒙雑誌。1874年(明治7)2月から75年6月まで慶応義塾出版社で刊行。全12編。不定期刊。半紙半截二つ折りの体裁に活版印刷でかたかな交りの漢文による啓蒙的論文を掲載。発刊の目的は,都会偏重の政策に対する一般民衆とくに農村社会への啓蒙活動にあったが,しだいに政治論説を掲げるようになった。執筆者には福沢諭吉をはじめとして,小幡篤次郎中上川彦次郎矢野文雄那珂通世,林茂吉,藤田茂吉箕浦勝人らがいる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

民間雑誌の関連キーワード能勢頼保明六雑誌明六社議官文部卿窪田次郎永井佳之輔林忠恕藻谷伊太郎森隆介

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone