気泡コンクリート製品(読み)きほうコンクリートせいひん(英語表記)autoclaved lightweight concrete product

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

気泡コンクリート製品
きほうコンクリートせいひん
autoclaved lightweight concrete product

生石灰とケイ石を微粉砕したケイ砂セメントにアルミニウム粉末を配合したスラリー (泥漿) を,防食処理をしてセットし,鉄筋を配置した型枠に流し込み,オートクレーブ処理をしてつくる。生産工程中に気泡を出して軽量化される。スウェーデン,旧ソ連,ドイツなどから技術導入され,各種の商品名で売出されている。普通の鉄筋コンクリートに比べて重量は4分の1,耐火性能は変らず,熱伝導率が 0.1~0.3で,10倍の耐熱性がある。建築物の屋根,内外壁,床などに使用される。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

肉肉しい

肉料理に対する形容の一つ。しっかりした食感や肉汁が溢れるなど、強く「肉っぽさ」を感じさせる料理を表すのに用いられる。2010年代後半に、塊肉や熟成肉、肉バルなど様々な肉料理の流行に伴い、テレビや雑誌な...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android