コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

気温の逆転 きおんのぎゃくてんtemperature inversion

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

気温の逆転
きおんのぎゃくてん
temperature inversion

気温が高度とともに上昇すること。一般に気温は高度とともに低下するが,これとは逆に高さが増すに従って気温が上昇する層がある。これを逆転層と呼び,層の上端を逆転層の高さという。逆転層が地表面に接した場合を接地逆転という。また成因に基づき,放射冷却によって地表面付近が冷却し逆転層が形成される場合を放射逆転,前線によって暖気が上昇し逆転する場合を前線逆転,気塊の沈降によって上層に逆転が形成される場合を沈降性逆転と呼ぶ。逆転層内では大気が非常に安定な状態にあるため,汚染物質は上空に拡散することがなく,逆転層にとどまり,大気の汚染濃度を高める。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

今日のキーワード

金城湯池

1 《「漢書」蒯通伝から。「湯池」は熱湯をたたえた堀》守りが非常に固く、攻めるのが難しい城。金湯。2 堅固で、他から侵害されにくい勢力範囲。「保守派の金城湯池」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

気温の逆転の関連情報