コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

気生藻 きせいそう

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

気生藻
きせいそう

ツバキ,アセビなど常緑広葉樹の葉面や樹皮面,岩石面などに着生し,空気中に藻体をさらして生活する藻類をいう。フィコペルティス Phycopeltis,セファレウロス Cephaleurosおよびスミレモ Trentepohliaなど緑藻類カエトフォラ目スミレモ科に属するものは最も顕著なものである。これらの藻類は常には気中生活をしているが,雨季などに水分を得ると糸状体を伸ばし,遊走子嚢または配偶子嚢を生じて繁殖できる。また同じ目プロトコックス科のプロトコックス Protococcusも気生藻ということができる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

気生藻の関連キーワード水生植物配偶子嚢糸状体淡水藻

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android