コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

気象ロケット観測所 きしょうロケットかんそくじょ Meteorological Rocket Station

1件 の用語解説(気象ロケット観測所の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

気象ロケット観測所
きしょうロケットかんそくじょ
Meteorological Rocket Station

岩手県三陸町綾里(りょうり)に建設された気象庁管轄の観測所。1969年に竣工。翌 1970年から 2001年に閉鎖されるまでの約 30年間,通算 1119号の気象ロケットを打ち上げた。北緯 39°2′,東経 141°49′の地点にあり,敷地面積は 6万9000m2

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

気象ロケット観測所の関連キーワード三陸新報三陸[町]岩手県一関市北ほうりょう岩手県北上市口内町綾内岩手県大船渡市三陸町越喜来岩手県大船渡市三陸町吉浜岩手県大船渡市三陸町綾里岩手県一関市南ほうりょう宮城県本吉郡南三陸町戸倉昭和三陸津波

今日のキーワード

アレルギー

語源はギリシャ語。「変わった(変えられた)働き」です。関係しているのは、人間の免疫システム。免疫は本来、人の体を守る仕組みですが、ときに過剰反応し、不快な症状を引き起こすことがあります。それがアレルギ...

続きを読む

コトバンク for iPhone