コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

気象ロケット観測所 きしょうロケットかんそくじょMeteorological Rocket Station

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

気象ロケット観測所
きしょうロケットかんそくじょ
Meteorological Rocket Station

岩手県三陸町綾里(りょうり)に建設された気象庁管轄の観測所。1969年に竣工。翌 1970年から 2001年に閉鎖されるまでの約 30年間,通算 1119号の気象ロケットを打ち上げた。北緯 39°2′,東経 141°49′の地点にあり,敷地面積は 6万9000m2。高さ約 260mの台地に,ロケット発射場,光学観測所,ロケット組み立て室,観測センター,気球室などがあり,北アメリカおよびヨーロッパの観測所とともに,北半球における 3拠点をなした。また,アジアで最初の定期打ち上げセンターでもあった。気象ロケット観測所閉鎖後も,同地では併設の気象庁大気環境観測所が引き続き観測を行なっている。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

気象ロケット観測所の関連キーワードロケット気象観測ロケットゾンデ

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android