コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

水の手 ミズノテ

デジタル大辞泉の解説

みず‐の‐て〔みづ‐〕【水の手】

城中などに飲用水を引き込む水路。また、その水を供給する場所。
消火用の水。また、そのための水路。
川・堀など、水の多い地域・地方。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

みずのて【水の手】

消火に用いる水。また、その水路。
城の飲料水を供給できる場所。また、そこに設けた曲輪くるわ

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

水の手の関連キーワード熊坂理恵子園田将巳菅沼定盈若林強斎為永春水菅井梅関名護屋城河本将巳葛山城箕冠城二俣城野田城城攻め飲用水飲料水阿坂城鮭延城畑苗代岩国城白米城

今日のキーワード

隗より始めよ

《中国の戦国時代、郭隗(かくかい)が燕(えん)の昭王に賢者の求め方を問われて、賢者を招きたければ、まず凡庸な私を重く用いよ、そうすれば自分よりすぐれた人物が自然に集まってくる、と答えたという「戦国策」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android