水上浩躬(読み)みなかみ ひろちか

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

水上浩躬 みなかみ-ひろちか

1861-1932 明治時代の官僚。
文久元年7月7日生まれ。神戸税関長,横浜税関長をへて,明治38年神戸市長となり,神戸港築造を推進。のち日本酒造会長,明治神宮奉賛会理事長をつとめた。昭和7年3月26日死去。72歳。肥後(熊本県)出身。帝国大学卒。著作に「神戸港の将来及び改良策」。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

閻魔詣で

陰暦1月16日(初閻魔)と7月16日(大斎日)に閻魔堂に参詣(さんけい)すること。この日は地獄の釜(かま)のふたが開き、罪人が責め苦を免れると伝えられる。閻魔参り。《季 夏》...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android